ゃんのまほうのてを比較に比較し「厳選」した1つの商品 |

幼稚園児のさっちゃんが主人公となり!同じ保育園に通うお友達とのやり取りは!子供を持つ親として考えさせられる内容です。この度はおなじ障害を持つお子さんのお母さんへプレゼント用として購入しました。一人でも多くの人に読んで欲しいです。

こちらです!

2017年04月30日 ランキング上位商品↑

ゃんのまほうのてさっちゃんのまほうのて [ 田畑精一 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

妻から依頼されて購入しました。心打たれる内容らしいです。。私も読んでみたいと思います。読んでいて涙が溢れ!胸が苦しくて堪りませんでした。主人も涙していました。こういう絵本がもっと保育園や幼稚園、小学校へ置かれると、私たちももっと住みやすい世の中になるのではと思います。。絵本なんだけどすごくいいです!保育園や小学校の低学年の先生をやってる人がいたら生徒に読んであげて欲しいです!図書館でみかけたらぜひ読んで欲しいです。絵本の中で障害についてさっちゃんに言い聞かせる場面では!ホントに感動します。でも、その素直なうちに、色々な障害に抵抗無く理解出来るよう、沢山の本を読んであげたくて購入。そして、障害のある方への思いやりを幼いながら息子も分かってくれたようでした。人間は一人ひとりちょっと違うところがあります。私は脳性麻痺という障害を持っています。まだ赤ちゃんですが!いつか同じ場面に遭遇するかもしれません。本人の目線で書いてあって泣けてきました。親として現実をしっかり伝える愛情、受け止める子供の力、強さ・・・大人の方にも是非読んで欲しい1冊です。子供から大人まで読んだらきっと四肢障害の人への差別や冷たい視線が減ると思います。。子供は素直でだからたまに残酷。すぐに、できない、と言う娘が少し強くなってくれればと思います。お腹の中で怪我をしてしまって…とても分かりやすいです。息子の手のことで!幼稚園と自宅用に2冊買いました。この本を読んで感じることは!健常者・障害者と区別するのではなく!皆!五体満足だという事です。小学生の読み聞かせのために購入しました。隣で聞いてる小5の娘も泣いてしまっています。という考えを捨てさせてくれる絵本です。そんなとき!どんな風に私は息子に接していったらよいのか?参考になるとても良い本です。息子が発表会で発表するらしく、購入しました。息子は学校で「きみのおかあさんは足が悪い」と言われて帰ってきたことがありました。子供は難しいのかあまり読んで欲しいと持ってきませんが!一度でも全ての子が読んでくれたらいいのにって思う一冊です。体が・・・から・・・できない。幼稚園でも年中さんになったら皆に読む予定をしているみたいです。それは例え不自由に見えても,まわりの人間が個性と受け止め,互いに助け合えばいいだけのことなのです。さっちゃん自身の頑張る姿にも感動しますが、親であるわたしは、さっちゃんのお母さんの気持ちを考えるとどうにも悲しくなってしまって・・。4歳の息子に読み聞かせようとするのですが!毎回毎回涙してしまい最後までまともに読めません。この本は、障害者に対する社会的な偏見をなくそうと絵本を通じて社会に投げかけている内容だと思います。実は私の娘もさっちゃんと同じ様に指に障がいを持っています。久々に泣いてしまいました。内容が分かりやすく、障害を 優しく理解出来る事ができました。その時はさっちゃんのお母さんやお父さんと同じ様にこの手が大好きだよ!ってだきしめたいです。美品でよかったです。この本は我が家全員の宝物になりそうです。障害者の私も所属している「父母の会」からの出版ということもあり!初版当時から家にあった本です。まだ息子(年少)には読んでませんが!同じ言葉をかけてくるようになってきたので!もう少ししたら読んでみたいと思います。そのとき!息子はどんな気持ちだったのでしょう?もしかしたらこの先!私の障害かきっかけでいじめに遭うかもしれません。だいたいの内容を知っていたのに読んでいて涙が出てしまいました。健康に産まれたこと・産んだことのありがたさ。子供達へ読んでほしくて買いました。